以外と知られていないラフテーの概要

ラフテーって名前は聞いた事はあるけど詳しい意味が分からないと言う方の為の概要の説明文です。

以外と知られていないラフテーの概要

以外と知られていないラフテーの概要 ラフテーと言う言葉は聞いた事があるけど詳しい事は良く分からないと言う人を偶に耳にします。本日はその様な方の為にラフテービギナー講座を致します。では始めにラフテーとはどこの県の料理かと言いますと、沖縄県の郷土料理です。概要としては皮付きの三枚肉か、さがー(皮付きのもも肉)を泡盛や醤油で甘辛く味付けをした沖縄料理で、言ってみれば豚肉の角煮の事です。

次にラフテーの歴史ですが、琉球王朝時代からの保存食でもあり、1か月ほど保存が効く事が特徴です。また、中国料理の東坡肉と起源を同じくすると考えられておりまして、東坡肉と同様に皮を剥がさずに豚肉を調理して、肉に皮が付いたまま食べます。この点で鹿児島に伝わった豚肉の皮を剥いで調理する角煮とは近いですが、決定的な違いがあります。

そして沖縄では、豚の皮つき三枚肉を使用する事が一般的となっています。残った毛があれば直火であぶって焼き、塊のままおからか糠を加えて下茹した後に肉塊を湯で洗います。次にこれを切り分けてから、泡盛、醤油、砂糖(砂糖は黒砂糖を用いることが多いです。)を合わせて煮汁として、その中に入れて弱火で数時間煮込耳にます。更に、より味をしみこませる為に2?3日かけて煮込む事もあります。他には味を変える為に味噌を入れる場合もあります。
Copyright (C)2014以外と知られていないラフテーの概要.All rights reserved.